戦後75年と言う節目ですが、

残念ながら、今も世界では争いが続いています。

今日という日を忘れないよう。

バート・バカラックとハル・デイヴィッドにより

1967年に書かれた、静かな反戦歌です。

 

<The windows of the world> 

世界の窓は冷たい雨で覆われている、

私たちが知っていた太陽はどこ?

小さな子供たちが成長するのに

明るい日差しが必要なことは、みんな知っているのに。

さあ、世界の窓に太陽の光を…

 

 

世界の窓は雨で覆われている、

いつになれば、この暗く染まった空が青くなるの?

少年たちは大人になると、

いつ兵隊にとられるのか、不安に思っていることを、

みんな知っているのに。

さあ、世界の窓に太陽の光を…

 

 

世界の窓は雨で覆われている、

この世界はどこへ行くの?

友達になることも出来ず、

戦いが終わるときは、尊い命が消えていくことを、

みんな知っているのに。

さあ、世界の窓に太陽の光を…

 

 

世界の窓は雨で覆われている、

それでも、私たちも出来ることが、きっとある。

空から落ちる雨粒は天使たちの涙だということを、

みんな知っている。

いつまで、天使たちを泣かせておくつもりなの?

さあ、世界の窓に太陽の光を…

 

by バート・バカラック & ハル・デイヴィッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です